増額するには何が必要?審査に通るコツをご紹介!

三井住友銀行カードローンは利用状況に応じて限度額の増額対応をしてくれます。増額審査に通るには返済トラブルが無く、継続利用する意志が見られることがポイントです。
印象値が大きく影響するので、嘘の申請は絶対に止めましょう。

 

虚偽の情報は絶対NG!増額審査は印象値が大切♥

増額審査に通るコツは、何よりも嘘をつかないことです。銀行では複数の消費者金融から借限度額いっぱいまで借り入れしている人に対して、審査が厳しくなる傾向があります。
だからと言って、他社で借金を完済したと嘘をついたり、返済額をごまかしたり、年収や家族構成を偽ったりしても、すぐにバレてしまうのです。

 

注意!嘘はバレます!!

近年では個人情報信用機関で、全ての会社のローン利用状況が分かる様になっています。すぐにバレる嘘をつくと印象値を下げることに繋がるので、逆に審査に通りにくくなってしまうのです。
 
印象値はそのまま利用者のステータスに繋がります。少しでも印象を良くするためには、電話ではハッキリとした受け答えや、返済が遅れそうな時は連絡を入れる事を心掛けましょう
 
また、現在は利用していない他社のカードローンがある場合は、契約解除の手続きをしておきましょう。カードを返却し、完全に契約を終了させておくと審査上の印象値がアップします

 

増額されやすいのはどんな人?銀行に好まれる条件とは?

銀行系カードローンで短期間に増額してもらえる人には特徴があります。簡単に言うと、何度も利用してくれて、返済が滞らず、将来的にも継続して利用してくれそうな人です。
 
そして、この条件に当てはまる人物だと銀行が判断する材料として挙げられるのが印象値です。完済してから借り入れをするように自分で利用方法を工夫していたり、同行の他の金融商品にも契約を検討していたりすると、継続して利用してもらえると判断されます。
 
特に、トラブル無く同一の銀行を長く利用している人は好評価が下されます。こんな人は、銀行から「増資しませんか?」という電話が掛かってくることもあるようです。

 

要注意!こんな人は増額されにくい・・・

逆に増資の申し込みをしても全く通らない人も存在します。返済が遅延している場合はもちろんですが、他の金融機関でトラブルを起こした履歴がある人は、信用情報機関の情報が更新されるまで増資は難しいでしょう。
 
その他にもカードローン契約後の利用頻度が少なすぎたり、転職や転居を繰り返したりしている人は嫌煙される可能性が高いです。しかし、これらの条件に当てはまる人は他の金融機関やクレジットカード、キャッシングの利用も難しくなります。

 

「まとめ」

カードローンはお互いの信用の上で成立する契約なので、信用できない人と判断されると増額審査が厳しくなります。誠意ある対応を心掛け、末永く取引を希望している事を態度で表しましょう。