フリーターOK!審査を受ける時のポイントは?

三井住友銀行カードローンは継続して安定した収入がある人ならフリーターでも借り入れ可能です。複数のバイトを掛け持ちしている場合は、必ず合計年収を報告することが審査を有利に進めるポイントです。

 

HPにはフリーターOKの記載無し!本当に借り入れ可能?

三井住友銀行カードローンのHPに書かれている商品詳細には「フリーターOK」という表記はどこにも見当たりません。確かに、正社員に比べると収入は低く安定していない雇用形態ですが、カードローンの申し込みをすることは出来ないのでしょうか?

実は、三井住友銀行カードローンはフリーターでも融資を受けることが可能です。年齢制限の範囲内で安定した収入がある方なら、雇用形態に関わらず誰でも申し込むことができます

フリーターの方は正社員に比べて年収が少ない分、出来るだけ総支払額を抑えたいことと思います。銀行系カードローンなら消費者金融に比べて金利も安く、お得に借り入れすることができます

 

フリーターは審査が厳しい?

ネット上の口コミでは、三井住友銀行カードローンはフリーターには審査が厳しいと書かれている声もあります。
しかし、三井住友銀行はあくまでも自社が定める審査基準に従って融資額を決めています。審査基準は勤続年数や年収、雇用形態と印象値などで判断され、フリーターでもアルバイトでも、主婦や学生でも変わることはありません

ただし、フリーターの場合は正社員よりも勤務形態の自由度が高いという特徴があります。勤め先が頻繁に変わったり、雇用期間が短かったりする場合は収入が安定していないとみなされます。また、そうしてもお金を借りたいからといって、複数のカードローンに一度に審査申し込みをすると金融機関の印象値が下がってしまいます。審査が不利に進むことに繋がり、最悪の場合どこからも借り入れすることが出来なくなるので、絶対に止めましょう。

審査を有利に進めるポイント!合計年収は必ず報告!

では、フリーターの方が審査を有利に進めるにはどうすればいいのでしょうか?フリーターの場合、複数のアルバイトを掛け持ちされている方が多いと思います。

三井住友銀行に限らずカードローンの審査は年収が重要なポイントになるので、審査の際は必ず合計年収を報告するようにしましょう。1社よりも2社、2社よりも3社分の報告の方が審査を有利に進めることができます。

「まとめ」

三井住友銀行カードローンではフリーターの方でも不利を受けること無く借り入れ可能です。少しでも有利に進めるように、複数の勤務先の合計収入は必ず提出しましょう。

印象値を下げないためには勤務先を頻繁に変えたり、複数のカードローンに一度に申し込んだりする行為はNGです。